マスクが繋ぐ温かい気持ち

こんにちは。
お迎え付き夜間保育施設 にじのことりの三井 恵です。

今日は冷たい雨が降り、冬に戻ったようでした。
新型コロナウイルスの感染がじわりじわりと近づいてきているのでは?と、ひとりでいるとどうしても不安な気持ちになってしまいます。

そんな不安を忘れさせてくれたのは、先日、子どもたちに届けた手作りマスクを受け取ったママたちからのお礼のメールや手紙です。(認定NPO法人あっとほーむのスタッフのお母様から送っていただいた手作りマスク http://nijinokotori.com/2020/04/10/14721/ )

ママたちからのメール。

「マスク、ありがとうございます。かわいい!嬉しいです。よろしくお伝えください。」(1年生女の子、3年生の男の子のママ)

「心のこもったマスク、ありがとうございました。」(1年生女の子のママ)

「マスクを受け取らせていただきました。どうもありがとうございました。かっこいい柄のマスクに子どもたちは喜んでおります。 つけ心地もとても良いそうです。手作りマスクをこのような時期にいただけるなんて感動いたしました。どうぞよろしくお伝えください。」(2年生、4年生の男の子のママ)

「マスクを届けていただきまして、ありがとうございました。手作りの可愛いマスクに、娘も喜んでいます。マスクが足りなくて困っていましたので、本当に助かります。どうぞよろしくお伝えください。」(1年生の女の子のママ)

「マスク、ありがとうございます。かわいい柄で喜んでいます。よろしくお伝えください。」(4年生の女の子、5年生の男の子のママ)

「マスクを届けて下さり、ありがとうございました。普段マスク嫌いな息子も、「お!」と喜んでいました。娘もこれなら可愛いからつけて出掛けられる!と喜んでいます。とても助かりました。ありがとうございました。」(5年生の男の子、中学1年生の女の子のママ)

「心温まるプレゼントをいただきありがとうございます。大切に使わせていただきます。娘もマスクの絵柄の小鳥を見て「にじのことり」だからだねととても嬉しそうでした。」保育園年長の女の子のママ)

「めぐさんへ ますくありがとう ○○より」(保育園年長の女の子)

子どもたちもママたちもとても喜んでくれていて、うれしいですね。ほっこりしました。「ありがとう」がたくさんで、幸せな気持ちにさせてもらいました。

マスクが温かい気持ちを繋いでくれました。ありがとうございます。