ホッとできる人、場所でありたい。

こんにちは。
にじのことりの三井 恵です。

4月28日(木)は、3歳のSちゃんの初めての夜間保育でした。
5時〜7時の2時間、夕食付きです。

幼稚園にお迎えに行き、一緒ににじのことりに帰ってきました。
帰り道、1日の疲れが出て眠たそうにしていたから、にじのことりに着いたら寝てしまうかしら?と思っていたら、、、、
いえいえ、「おかえりなさい」と迎えてくれた文さんに会うと、”にっこり笑顔”になりました。
これまで数回、慣らし保育もしてきたので、Sちゃんにとってにじのことりがおうちのような安心の場所になってきたのかな。嬉しいですね。

 
夕食まで大好きなおもちゃで遊びま〜す。

image

ノンタンやアンパンマンの絵本を見ながら、ふたりのおしゃべりも弾んでいます。
いい雰囲気ですね。

image

さあ!初めてのにじのことりでの夕食です。
みんなでいただきま〜す。
Sちゃん、食べてくれるかな? ドキドキ、、。

image

 

きんぴらごぼうに入っているこんにゃくを見つけて、にっこり。
「こんにゃく、好き!」って。

image

食べ方もとってもきれい。左手の指をそっと添えて。

image

お味噌汁も。

残さずぜーんぶ食べてくれました。

image

ちょうど食べ終えた頃、ママがお迎えに。
幼稚園、幼稚園の預かり保育、そしてにじのことりの夜間保育、長い1日を頑張りましたね。
「バイバイ」ってママとニコニコで帰って行きました。

翌日、Sちゃんのママからとても嬉しいメールをいただきました。
「昨日は、どうもありがとうございました。初めての夕方で、どうかなと思いましたが、楽しく過ごさせていただき、本当にありがとうございました。
おかげさまで、安心して仕事ができ、ホッとしています。
にじのことりに出逢えて、めぐ先生、ふみ先生に出逢わなければ、どうしていただろう、、、と思います。、、、、、」

有難い言葉です。

にじのことり、そして私たちが、これからも子どもたちにとって、お母さんたちにとっても ホッとできる人、場所でありたいと思います。